「うつ病かな?」と思ったら迷わず障害年金を受給して治療を!

サイトメニュー

ストレスとの向き合い方

診察

「心の風邪」うつ病

うつ病は誰しもが掛かる可能性がある病気です。「心の風邪」とも言えるでしょう。うつ病にかかってしまうと、患者本人は悲観的になっていまいます。そうした自体を防ぐためには周囲のフォローが欠かせません。うつ病は精神病です。精神病には目に見える変化が少ないため、本人も周りの人も兆候を知っていなければ気づきにくいものです。さらに、患者した本人も兆候を知っていなければ自分のことを「疲れただけだ」「軟弱なだけだ」と思ってしまい、周りに相談しようとしません。こうしたケースに対して本人が相談できずにいることがうつ病をさらに進行させることになってしまうのです。また、本人が治療を嫌がってしまった場合、病院に連れて行きたくても患者自身にうつ病についての理解が足りないと、おそらく治療を断られてしまいます。そうした場合、無理強いせずにまずは家族が相談に乗ってあげて、少しずつでも相談に乗ってあげることが大切でしょう。そうすることによって少しずつ患者さんの心を解きほぐしていきましょう。何度も言いますが無理強いはNG行為です。

自分のうつに対して自分は何ができるか?

早く病気に気づき対応することができれば、早期の診断や対応も可能になり万事解決となるのでしょうが、肉体的な変化と違って精神的な異変は緩やかにおきるので自分で違いに気づく事はあまりありません。さらに肉体の変化と違って心の変化は目に見えるものでもないので、周囲も態度を変えてくれることがなく精神論でのアドバイスに終始してしまう場合が多く見られます。しかし、うつの完治に役立つ対策は「ストレス対策」です。うつ病にかかってしまった場合、もしくはかかることが想定される場合はストレスの軽減が欠かせません。自分で色々な工夫をすることによって、できるだけ仕事の効率を上げていくことが大切ですし、耐えられないと感じるのであれば遠慮なく有給や病欠をつかってリフレッシュしましょう。うつ病を患ってしまった人の多くは過度な責任感に苛まれていることも多く、周りから休めと言われても簡単にすべてを切り替えていくことはできません。考え方を変えることができなければ行動を変えることもできません。まずは現状を見直すことから始めましょう。

うつの相談

ストレスが溜まりすぎる前に起こせる行動は相談です。上司とのトラブルや取引先での喧嘩、家族との揉め事。ストレスの原因は多く存在します。身近で起こしたとトラブルや不満は周囲の人に相談することでさらに問題が深刻化してしまう場合も多くあります。できるのであれば専門職に相談するべきでしょう。心の病にかかってしまった方の声を聞いてあげるのであれば、まず患者の声を親身になって聞いてあげることが大切です。こうした場合、専門家ではない多くの人は親身になって話を聞いてあげるのではなく、悩みを抱える人に対してアドバイスを行うという形で相談を行う場合があります。うつ病患者の相談では絶対に「否定」を行ってはいけません。さらに問題が大きくならないように専門的な心の診療を行ってくれる相談をおすすめします。精神科医や看護職は医療職についているので守秘義務があります。相談したときの秘密が漏れる事はありません。また、病状の相談とは別に、仕事や生活、お金に関する相談もプロにアドバイスを求めましょう。金銭的な不安は治療の妨げになるので、障害年金の受給や各種補助を調べ申請してください。特に、障害年金は申請から給付まで時間がかかるので、周囲の方にフォローしてもらいながら申請をすすめましょう。障害年金に関する相談は、住まいの市町村役場の年金化または福祉化等で訪ねてみましょう。障害年金に必要な書類の説明も合わせて行ってくれるはずです。