「うつ病かな?」と思ったら迷わず障害年金を受給して治療を!

サイトメニュー

うつ病治療と薬

診察カウンセリング

うつ病と薬物治療

うつ病の症状を改善するために薬物療法を行う際に、まず最初に選択される抗うつ剤としては一つはSSRIという抗うつ剤によく使われるのですがこのSSRIという抗うつ剤はうつ病を発症している患者さんの場合には弱くなっていると言われているセロトニンの働きを強める作用がある抗うつ剤なのですこれは脳の細胞神経にセロトニンがサイドにされてしまうのを抑制することによってセロトニンを増やし、という働きがあるわけです。この抗うつ剤にはセロトニン以外の神経伝達物質に対してはほとんど影響を与えないところが長所でもあるのです。次にSNRIという抗うつ剤をうつ病の症状は改善のために使われることが多いのですが、これはSSRIと同様にセロトニンとノルアドレナリンの量を増加する作用があり、うつ病の症状を抑制する効果としてはほぼSSRIと同じくらいで副作用も少ないといわれている抗鬱剤です。これら以外の抗鬱剤の飲み合わせよる問題も起こりにくいと言うことも長所です。次にNaSSAという抗うつ剤を使われることがありますが、これはルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤と言われるもっとも、最新の抗うつ剤なのです。

三環系の抗鬱剤

三環系抗鬱剤とは最も古くから活用されている抗鬱剤であり、セロトニンとノルアドレナリンのは強める作用があるのです。この三環系抗鬱剤を使うとうつ病の症状は治療の効果は高くてにするのですが、重大な副作用が現れることもあります。そのため、このような三環系の抗鬱剤は重いうつ病の症状がある患者さんであっても、入院中に処方されるのが一般的だと言われています。

治療に関する不安

どのような薬剤が使用されるか不安に感じる方もいるでしょうが、薬との相性は医師が問診でしっかりと判断してくれます。仮に、副作用が強くでる際は変更も可能になっています。また、軽度のうつの場合は薬物を使用せず、カウンセリングやグループワーク等でも改善に至るケースもあります。どのような治療を施すのかは、個人によって異なります。うつ病になって金銭的な焦り、社会からの孤立など様々な不安が押し寄せることもありますが、治療の際は「焦り・不安」をいかに軽減するかに集中しましょう。出来ることも人に助けてもらい休息をとる、無理はしない、休息はしっかりと確保するなど体や精神を緩めましょう。また、障害年金の受給を行い生活費や治療費として補填しましょう。近年、障害年金の受給も増えているので、申請の際はしっかりと書類を用意し抜けがないように。また、障害年金の受給や延長など困ったことがあれば、必ず役所や医師に相談しましょう。障害年金受給まで多少の時間がかかるので、貯金や生活費の節約も念頭に入れておきましょう。