「うつ病かな?」と思ったら迷わず障害年金を受給して治療を!

サイトメニュー

うつの兆候

診察

うつ病を早期発見!

うつ病は今や国民病と呼ばれる勢いで広まり、働き世代に深い影を落としています。一昔前は、気合やヤル気の問題だとされていたうつですが、研究が進み脳内物質の分泌が関係する病気だと認識があらためられました。強いストレスがうつ病発症の引き金になってしまうため、未然に防ぐにはうつ病の兆候を見逃さず休息やストレス回避を行う事が大事です。そこで、うつ病の代表的な兆候をまとめてみました。

うつ病の兆候

精神的に辛いうつ病は、患者だけでなく家族や友人、社会にも深い影を落としてしまう病気です。外傷とは異なり回復までの経過が確認しずらいため、病気と認識されず正しいケアを受けられないケースも跡を絶ちません。うつ病の兆候を見逃さないように次にあげる代表的な変化を把握しておきましょう。うつ病という病気の初期段階では、『身体がだるいと感じやすい。』といった体調の変化があげられます。その症状が徐々に進行すると、『人生が面白くないと感じる。』『気分が落ち込んだりする。悲しいと思う。』とメンタルも弱ってきます。これらの症状は次第に悪化し、『集中力が減り仕事の効率が落ちた。』と仕事にも影響が及び次第に『以前は好きだったことをしていても今は面白くない。』プライベートな時間まで蝕みはじめます。うつや精神の病気を患うと、睡眠や食事、意欲が衰える兆候が確認されています。自分をはじめ、身近な人物がこれらの症状に悩んでいる場合は、声掛けを行い話し合いや病院への付き添いを提案してみましょう。

精神的・金銭的なケア

うつ病の治療は時に時間を要します。治療の間休職や離職が必要になる場合は、収入面で不安が伴います。しかし、障害年金を受給できれば安心して治療に集中することができます。障害年金は怪我や病気に悩む人達にとって、大きな安心となる存在の給付金です。給付には一定の条件と準備を要します。障害年金受給を考えている場合、できるだけ周りのサポートを得ながら準備を行いましょう。また、給付までに時間がかかることも予想されるので、障害年金と合わせて受給できる他の給付金や制度があるのか合わせて調べてみましょう。